丹波の自然と黒大豆

先日

今時期の丹波篠山の風物詩

丹波黒大豆の最盛期に農家さんにお邪魔してきました!

81698494-F02B-4F5A-9FC3-D0596785E908 4A53F91E-FA13-4B1E-B8B0-5799C6672D1A

 

 

 

3軒の農家さんにご案内して頂いたんですが、

皆さんなんとまだ20代や30代。

それに加えて、京大、神戸大卒など高学歴な方々。

 

しかしながら丹波篠山に移り住み、自然の摂理に

合わせて、野菜を作り、山の木を伐り、そして時には

山の動物の命を頂く。

4CF33882-74F3-4BAB-9AA7-008DB222E9F9 EF711875-9FDE-4C53-B934-9E9650B7192C C2E30A50-5D76-459D-9889-71263B7C7812 BEC6A72C-1ECE-4626-9260-1AFA4987CD99 80A6FA1A-13BE-42F6-8C48-C1B4B2D13596 C04A4B61-A91E-4968-A260-C8D219AED5CD

 

お恥ずかしながら農家さんというのは

野菜を作ってそれを売る人

 

というくらいの認識しか正直ありませんでしたが

こんなに若い人たちが

「景観や自然環境の保全」「自然防災」「生物多様性の維持」

 

 

そういうことを考え農業や、山の一部として

暮らす姿にとても感激しました。

 

そしてその昔ながらの「風景」だったり

「生態系」を守り、次世代に継承していこうと

する姿勢。

 

 

そうやって「志」をもって生きる姿は

年齢問わず美しいなぁと改めて思いました。

 

D6AFD5CF-ADBE-42F5-8F11-C676434C858F 7BA8C992-D910-456F-93F8-78511EE5E022 2996E094-756C-4FC8-AC94-DCCECFEF7242

 

もちろん畑から持って帰って自分たちで毟って頂いた黒豆は

格別の美味しさでした。

 

その他に頂いた、落花生や、万願寺唐辛子、かぼちゃの煮物

焼きナスに炊き立てのごはん。

 

山の幸の鹿のローストだったり、イノシシの山椒煮など

皆、自分たちが山から頂いたもの。

 

 

飾らないけれど贅沢な本当の御馳走を頂きました。

 

飾らないけれどとても心が豊かになりました。

 

 

「日本料理は日本を表現するもの。」

 

カミノザも大阪の地にありながら、

「身体と心をつくる豊かな食事を

皆さんに召し上がって頂くにはどうしたらいいか?」

 

 

そんな事を考えて

日本の器ももちろんそうですが、そんな丹波篠山の

風景もまた自分なりに表現してみたいなと

思えた1日でした。

 

その時の黒豆の枝豆も買ってきてますので

近々来られる方は、味見にお出ししますね。

 

そして僕の志も

興味ある人はぜひ聞いて下さい。

長くなりますけど(笑)

 

では!

2019-10-23 | Posted in お休みComments Closed 

関連記事