年末年始 季節のお料理と営業日のご案内 

カミノザ店主の正野です。

 

 

あっという間に12月。

今年の1年間は充実した良い1年でしたか?

きっと1年間仕事に家庭に頑張られたことだと思います。

 

そんな頑張ったあなた自身、そしてご家族や大切な人のご褒美にカミノザでのお食事で1年の疲れを癒やし来年への活力を充電しませんか?

カミノザの年末年始 冬のお料理をご紹介させて頂きます。

______________________________________________________

 

◆まずはカミノザではすっかり定番で人気の

「淡路産玉ねぎをたっぷり使ったお出汁で頂くお鍋」をメインにしたコースです。

 

 

淡路島たまねぎは、兵庫県の南、瀬戸内海に浮かぶ細長い島「淡路島」で作られています。淡路島は、温暖な気候に恵まれた地域で日照時間が長いため、この気候を活かして作られるたまねぎは、甘くて大きいことで有名です。

 

最大の特徴である甘さの理由は「秋植え」にあります。晩秋に植え、害虫のいない冬に育つ淡路島たまねぎは、敵から身を守るための辛味成分が少なくなります。また、淡路島は瀬戸内海からの潮風が吹く土地のため、潮風が運んだ塩分を含む土壌です。海のミネラルを多く含んだ土で育てられるため、サラダなどでも食べやすい、糖度が高い甘いたまねぎができあがります。

 

収穫は初夏に行います。通常たまねぎの栽培期間は4ヶ月ですが、淡路島たまねぎは秋から夏まで、半年かけてじっくりと育てていきます。長い間土の中にいることが「淡路島たまねぎ」の甘さの秘密ともいわれています。

 

そして乾燥させた淡路島のミネラルをたっぷり含んだ大粒の玉ねぎを、利尻の昆布と枕崎の鰹節でとったお出汁に対してなんと約4分の一とたっぷりの量を入れコトコト甘みが出るまで炊きます。

 

もっと多く玉ねぎを入れることも出来るのですが、あまり濃すぎるとお鍋のお出汁が煮詰まってドロドロになってしまうので、玉ねぎの甘さを出しつつスープとして美味しく頂ける最適な量がこの濃度だと思っています!

 

7583943600_IMG_0837

 

そして出来上がったスープに厳選した薄口醤油のみを入れて味を整えて完成。

味醂も砂糖も入れていない自然の旨味と玉葱のみの甘みが際立ったスープは後引く旨さながら口に残らない甘さです!

 

 

そんな今しか味わえないお鍋。

お出汁に合わす具材、12月は。。。宮崎産の黒毛和牛!

黒毛和牛と玉葱スープのコラボレーションを味わえるのは12月のみです。

 

 

そんなお鍋のついたコースの内容は

 

 

「淡路産玉葱をたっぷり使ったお出汁で頂くお鍋のコース」

先付け、御造り、一品、淡路産たまねぎのお鍋、〆の一品、デザート

7800-(税サ別)                

→WEBご予約はこちらから

____________________________________________________

 

「季節のおまかせ」 

 

  

「冬」 脂がのって旬を迎えるたくさんの魚介たち。

そんな魚介を使ってこの時期にしか出来ないカミノザのお料理を作ります。

 

 

カミノザの人気メニュー 酒菜の最中!しっかり肥えたあん肝が入ってきました。

今年は白菊の純米大吟醸  この酒粕を使って作ったぶり大根。さらに進化してお腹の部分のみで作りますのでフワフワです!

〆のごはんは干しイカを使ったご飯!今年もウニを合わせましょうか。

暖かいお椀には濃厚な白子、ふぐヒレの香ばしい香りとともに。

そして今年は。ずっと使いたかったカニ。カニ。カニ。 原価無視して松葉使いたいな~ 少しばかりでもその時良い状態のカニを入れようと思っています。

 

 

そして今月使用するお肉はトランプ大統領にも提供された「伊万里牛」です!

伊万里牛は佐賀牛の中でも伊万里で育てられた黒毛和牛のみのことを言いとっても甘い最上級のお肉です。

こちらのお肉が限定で数キロ分のみ入荷しました。 売り切れごめんで、12月~のお客様に順次、ご提供致しますので早いもの勝ちですよ。

IMG_1192(2)

 

 

後はナマコだったり、フグ、のどぐろ、きんき、鰆、にクエ、金目 美味しい魚介ばかりなにを使おうか迷ってしまいますね。

 

 

1年の締めくくりにご自分へのご褒美として。

そんな今だけの献立、今だけの食材を是非カミノザで

 

「季節のおまかせ」

12000-(税サ別)                   →WEB予約はこちらから

_____________________________

年末の営業は27日(木) 年始は9日(水)からとなっております。 よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-12-03 | Posted in お休み, お料理, 日々のこと, 未分類Comments Closed 

関連記事